地震学について

地震学とは、地震の発生機構や、それに伴う諸事象を解明する学問です。

地震の発生は、日本・アメリカ合衆国の西海岸・南米・インドネシアなどの環太平洋地域と、地中海沿岸などに集中しており、他の地域ではほとんど起こりません。従って、地震に関する研究もこれらの地域で進んで来ています。日本は、アメリカ合衆国と並んで、先進的な位置にあります。

もとは、震源を点とみなして、地震計で観測された波を弾性波理論によって説明することから始まりました。

1950年代に、震源が、シングルカップルか、ダブルカップルかという論争が起こり、ダブルカップルである、という考えが認められました。

1960年代のプレートテクトニクス理論を通じて、震源が断層であるという考えが受け入れられていきました。

地震学の研究は、地震の予知を目標として行なわれてきましたが、近年では、国の政策は、地震予知から、地震が起きた際の被害予測や、防災対策へと重点が動いて来ています。

 地震学には、大まかに以下の分野があります。

・ 地震発生物理学

・ 強振動地震学

・ 地震活動

・ 地震予知

・ 地殻構造

・ 地殻変動

・ 地球内部物理学

ニュース

Copyright © 地震を知ろう!, All rights reserved.